読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統計・ITメモ

勉強の備忘録とか読書録とか

どうしようもなく眠い日々

win10初期化・Dual boot解消〜Ubuntu導入(Dual boot再構築)の備忘録

以前構築して放ったらかしにしていたUbuntuとのDual boot環境を一度ぶっ壊して再構築しました。 わりと苦労してしまったので備忘録を作成。 詳しい人が見たらいろいろおかしいところがありそう。

  1. MBRの設定変更
  2. win10初期化
  3. パーティションの整理
  4. Ubuntuインストール
  5. Ubuntuの日本語化

1. MBRの設定変更

Dual boot解消にあたり、いきなりUbuntuをインストールしたパーティションを削除するとwinまで起動できなくなるらしい。

これは、Ubuntu導入時にではMaster Boot Record(以下MBR)なるものがDual boot用に書き換えられるためで、PC起動時のOS選択がうまくいかなくなるため・・・ととりあえず理解しておけばよさそう。

文鎮化を回避しつつUbuntuを削除するために、まずはMBRをwin10だけだった頃の状態に戻す必要がある。

win10上で回復コンソールを起動し、以下のコマンドを順に実行。

bootrec /fixboot 

bootrec /fixmbr 

exit 

修復が正常に完了していれば、再起動後にブートローダGRUB による Ubuntuの起動メニューが表示されず、直接winが起動される。

2. Win10の初期化

後述のパーティション整理で「回復パーティション」を削除できるように、回復ドライブを事前に作成しておく。

初期化は設定から特に迷うことなく実行できる。バックアップは忘れずに。

3. パーティションの整理

Win10の規定のパーティション構成は、

となっており、ドライブからのリカバリができなくなってもいいのであれば、回復パーティションは削除しても問題ない。

通常のパーティション編集(Cドライブの縮小など)は、[Windowsキー]+[X]⇒[K]で「ディスクの管理」から実行できる。

しかし、回復パーティションはシステム上必須のパーティションに設定されているらしく、そのままでは解放できない。

そこで、回復パーティションを削除してUbuntuの領域を確保するために、管理者権限のコマンドプロンプトからパーティションの整理を行う。

[Windowsキー]+[X]⇒[A]でコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを使って回復パーティションを削除する。

diskpart //diskpartの起動
list disk //ディスクの一覧表示
select disk # //ディスクの選択
list partition //選択ディスクのパーティションを一覧表示
select partition # //パーティションの選択
delete partition override //パーティションの削除

ここの操作は間違い方によっては取り返しがつかないので、くれぐれも慎重に。

4. Ubuntuのインストール

このサイトからUbuntu最新版のディスクイメージをダウンロードする。

www.ubuntu.com

これを適当なUBメモリ(とりあえず8GBで問題なかった)にUnetbootinを使って書き込む。

Ubuntuを書き込んだUSBメモリを挿した状態でPCを再起動し、起動時にF12(機種によってはESCとかF11とか別のキー)を長押ししてBIOSを呼び出す。

USBからブートを選択し、Ubuntuをインストールする。

フォルダ名が日本語化されるのが嫌なのでとりあえず英語を選択。

5. Ubuntuの日本語化

日本語入力ができないのはややしんどいので日本語化。

Language SupportからJapaneseをインストール対象に設定する。

この辺は正直よくわかってないが、とりあえず日本語入力が可能になったのでリンクだけ貼付。

第417回 Ubuntu 16.04 LTSの日本語入力:Ubuntu Weekly Recipe|gihyo.jp … 技術評論社

To Be Continued...?