統計とイモリとバーベルと

勉強の備忘録メイン

ブラックゴーストを飼いたい欲に駆られている.あとスネークヘッド.

イモリ飼育: 有尾目両生類(urodele amphibians)の消化について

イモリの給餌頻度はどんな感じがいいんだろうという悩みについて調べてみたのでまとめ.

「イモリ 餌 頻度」とかで検索しても,「週一でいいよー」とか,「毎日あげてます」とか,「3日に一回ぐらいがベスト」とか,回答に幅があってイマイチ確信が持てないので,論文をあたってみました. 一介の会社員なので,本文が読めないのが残念.

論文

Jiang, Suping, and Dennis L. Claussen. “The Effects of Temperature on Food Passage Time through the Digestive Tract in Notophthalmus Viridescens.” Journal of Herpetology, vol. 27, no. 4, 1993, pp. 414–419. JSTOR, JSTOR, www.jstor.org/stable/1564829.

Abstract
Movement of food through digestive tracts of red-spotted newts from southern Ohio was studied to better understand seasonal changes in energy processing. To determine minimum food passage time through the gastrointestinal tract, blood-worms marked with carbon black were consecutively intubated five times to one group of newts at 25 C and twice to a second group at 5 C. Minimum food passage time at 25 C averaged 33 h, with no significant differences among the five feedings. The newts tested at 5 C required an average of 220 h for the passage of food, with significant differences between the two feedings: 157 h for the first and 284 h for the second. Other newts, intubated with worms labeled with iron powder, were X-rayed at periodic intervals to investigate passage of food through the digestive tract. Full stomachs were completely evacuated in 2 d at 25 C, with a half evacuation time of 20 h, but only after 15 d or more at 5 C, with a half evacuation time of 55 h. Maximal amounts of food in the intestines were attained by 20 h at 25 C, but were achieved only after 3 d at 5 C. Evacuation of labeled food from the intestines was completed in about 40 h at 25 C, whereas most of the food was still in the intestines after 15 d at 5 C. It appears that newts are able to process food in all seasons; however, passage time is greatly influenced by temperature.

まぁ要約すると,

  • ブチイモリ(red-spotted newts)の消化管通過時間をさまざまな温度・餌について測定した
実験1
  • blood-worm(チロリ?)を25℃で飼育するイモリと5℃で飼育するイモリにそれぞれ複数回与え,消化管通過時間の平均値を計算した
  • 25℃では平均33時間,5℃では平均220時間を要した
実験2
  • 鉄粉で標識したワームを与えて,X線で定期的に消化状況を観察した
  • 25℃では,胃袋が完全に空になるには2日,満腹時の半分になるまでには20時間を要した
  • 5℃では胃袋が完全に空になるまでに15日以上,半分空くのに55時間かかった
  • 腸内の食料が最大量に達するまでに,25℃では20時間,5℃では55時間を要した
  • 25℃では20時間で食べたものが完全に排泄されたが,5℃では15日が経過した時点でもほとんど消化管に残っていた

ブチイモリは北米大陸に広く分布するイモリで,ほぼ水生,高温に弱い,体長10cm前後,有尾目イモリ科といった具合に,日本の固有種(アカハラ,シリケン)とそれほど大きな違いはないと見て良さそうです.

しかし消化が遅い(笑) 体温=水温じゃ仕方ない気もするし,逆に体温維持をしない分,この早さでも十分なのかな.

イモリとしては高めの水温(25℃)で胃袋が空になるまで2日を要するようなので,通常の飼育温度を20〜25℃とするなら,給餌には少なくとも3日は間を開けた方が無難でしょうね.ヒトと違って少々断食しても大丈夫なので,特段痩せていなければ1週間おきで問題ないと思います.

冬場の屋外など*1では,給餌間隔を1週間以上開けたほうがよさそうですね.

本文がオンラインで読めないので,特に実験2でどのくらい餌を与えたのかだとか,15〜20℃くらいで調べてくれているのかだとかがわからないのが残念.

うちのイモリ

f:id:kaizu_3324:20180122005015j:plain

*1:冬眠狙い以外でそんな環境で飼っている人がいるのかは置いといて